関西唯一のスカイライトチューブ専門店

各種トップライト比較

■各種トップライト比較
ご注意:下記データは当社調査によるものです。詳細については各種トップライト取扱業者様にお問合せ下さい。
スカイライトチューブ
ガラス型トップライト
ドーム型トップライト
ハイテク集光装置
光の種類・特徴
拡散型
導入面の反射と室内カバーにより拡散する。
直接光
ガラス面より直接、太陽光が入る。
間接光
乳白のドームと導入面の反射による間接光
集中光
光ファイバーによる高輝度の集光
使用場所
上部が屋根の部屋
隔離した部屋にも使用できる。(※状況による)
上部が屋根の部屋
太陽が直接入る南面は避けたい
上部が屋根の部屋のみ 階下など屋根より隔離した部屋に使用できる
室内の感覚
照明器具のような感覚
空は見えない
空が見えて開放的 間接的なやわらかい光
空は見えない。
照明器具のような感覚
空は見えない
プライバシー
プライバシーは、殆ど守られる プライバシーの確保が難しい プライバシーは守られる プライバシーは守られる
清掃
清掃は殆ど要らない ガラス面の汚れが気になる ドーム下面の汚れが気になる 清掃は殆ど要らない
遮熱/断熱
南面でも室温上昇になりにくい
強い遮熱効果がある
温室効果で夏は暑い
冬の室温が逃げやすい
夏は室温上昇につながる
冬の室温が逃げやすい
外部環境に左右されない
室温を逃がさない
結露
結露しにくい ガラス面に結露しやすい ドーム面に結露しやすい 結露しない
加工性
後付でも付帯工事なしで取り付けられ短時間で簡単
リフォーム向き
建築的下地組が必要
リフォームは付帯工事が必要
建築的下地組が必要。天井の加工が必要。
リフォームは付帯工事が必要
光ファイバー/装置の取り扱いが難しい
専門家の工事が必要
コスト
 製品コスト/施工費とも一般的  トータルコストが安い 製品コストは一般的
付帯工事費がUP
比較的高価になる
付帯工事費がUP
高価で一般家庭には不向き
PAGETOP
Copyright © スカイライトチューブ滋賀 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.